HAWAIIAN PRO DESIGNS(ドナルド・タカヤマ) EPOXY FLYER SURFBOARDS
IN THE PINK SUP
Size:9'6"/10'2"/11'0"/11'6"
Kai Salas SUP
Size:8'6"/9'0"/9'6"/10'0"
Noah Ka Oi SUP
Size:8'6"/9'0"/9'6"/10'0
Ohana SUP
Size:9'6"/10'2"/11'0"/11'6"

Hawaiian Pro Designs は、ドナルド・タカヤマの革新的なプロジェクトを発表し、ドナルドによるサーフボードは、次世代の新しいレベルに突入しました。
ドナルドは、生前、このプロジェクトに大変エキサイトしてました。Epoxy Flyer シリーズは、今までのEpoxy 生産プロジェクトから得られたすべてのノウハウとカスタムボードのフレックス及びレスポンスを備え、尚かつEpoxy の持つ耐久性と性能の利点を組み合わせることで、このテクノロジーを確立しました。
Epoxy Flyer は、ハンドメイドフォーム及びグラスファイバーによる最先端のサーフボードで、プロジェクトのライセンスを持つHorizon 社(USA) のE.P.C テクノロジーによるシリーズであり、様々なサイズの製造が可能になっています。
彼の残したレシピによってEpoxy Flyer がこれからも進化していくことでしょう。

EPC( エクストリーム・パフォーマンス・コンポジット)

モールドを使わずにEpoxy とEPS の持つ特性を最大限に活かし、複数の自然素材を組み合わせたドナルド・タカヤマが生み出した夢のテクノロジー、それがEPC( エクストリーム・パフォーマンス・コンポジット) です。この工法でドナルド自身の夢であった最高のEPS、Epoxy Flyer シリーズが発進しました。EPC は、ポリエステルのボード様なしなやかさを保ちながら強度を持たせ、ボードの重量を活かしながらライディング出来る様に設計されています。
あなたのサーフィンがさらに楽しく充実した物になる事間違いありません。
EPC は、世界各国で信頼されたディストロビューターによって販売されています。

またひとり、サーフィン界は偉大なレジェンドを失った。
1950 年代から永きにわたりサーフインダストリーの発展に大きく貢献してきたマスター・クラフツマン/シェイパー/デザイナーのドナルド・タカヤマが、2012 年10 月22 日、カリフォルニア州オーシャンサイドで永眠した。68歳だった。
ドナルド・タカヤマは、60 年代から現代まで、数々のモデルを生み出してきた。それらは世界中のサーファーの憧れでもある。世界的なシェイパーとして名を馳せたドナルド・タカヤマは、その生涯をサー フィンとサーフボードのデザインに捧げてきた。
1970 年代に入ると、ドナルドは自らのブランド「Hawiian Pro Designs」をサンディエゴのオーシャンサイドに興し、ショートボードの時代になってもツインフィンなどのデザインを精力的に探究した。ラリー・バートルマンのスケーティーでラディカルなサーフィンを可能にしたタカヤマ・シェイプのバート ルマン・モデルは、70 年代後期に一世を風靡。多くのサーファーがそのデザインとサーフィンに魅了された。
こうしたサーフィン界に刻んださまざまな功績から、ドナルドは1985 年に「サーファー」誌による「サーフィンというスポーツを変えた25 人」のひとりに 選ばれる。その直後、彼はいわゆるロングボード・リバイバルの立役者として、サーフシーンにロングボードが復活する一大ムーブメントに一役買うことになる。さらに、自身のチームライダーとして多くのサーファーも育ててきた。ジョエルのことは新しい次元を切り開いたその可能性を、彼が独立した後も変わることな く高く評価し続けた。ハワイアンのノア・シマブクロはまるで我が子のように可愛がり、その謙虚な性格をつねに讃えていた。
多くのサーファー達を大切なファミリーとして同じ価値観をつねに共有していた。ドナルド・タカヤマが、サーフィン界に、世界中のサーファーにシェアしてきたもの。それはサーフィンを愛するピュアな心だったのかもしれない。彼が生涯を 捧げて与えてくれたスピリッツを、いまひとりでも多くのサーファーと分かち合いたい。それがドナルドが本当に心から望んでいることだから...

株 ) オンズカンパニーは、HAWAIIAN PRO DESIGNS(ドナルド・タカヤマ) EPOXY FLYER SURFBOARDSの正規輸入代理店です。