header
選手にご興味にある方は、各選手のホームページからご連絡して下さい。
オンズカンパニーに問い合わせの方はこちらから
❖世界に挑む選手達
J299 HILOSHI HASHIMOTO

J299 HILOSHI HASHIMOTO (橋本 洋) - Windsurfer

7歳の時に両親の影響を受け、ウィンドサーフィンを始める。
小学校中学年より本格的に大会に出場するようになり、フリースタイル、ウェイブ共に様々な試合で優勝を勝ち取ってきた。

中学年3年、全日本アマチュアウェイブ選手権で優勝。 高校二年、全日本アマチュアウェイブ選手権で優勝。プロとなる。

2016年度はワールドカップを視野に入れ、国内外の試合に参戦予定。

橋本選手の詳細はこちらから>>>>


J48 Takara Ishii

J20 TAKARA ISHII (石井 孝良) - Windsurfer

5歳のときに当時プロ選手であった父の影響でウインドサーフィンを始める。 小学校中学年のころから本格的に競技に取り組むようになる。
スピードを競い合うレースの種目では、小学校6年生でジュニアユース選手権高学年の部で優勝。中学生の部でも、1年生・3年生で優勝。 本栖湖チャンピオンシップや三保CUPといった大人と競い合う大会でも、数多くの優勝を勝ち取っている。
中学2年生から本格的に取り組んでいる波の中で演技を披露するウェイブパフォーマンスにおいても、2015年ALL JAPAN WAVE CLASSIC メンズビギナークラスの優勝を皮切りに、波子WAVE CLASSIC メンズオープンクラスでも優勝。
2015年11月にハワイ・マウイ島で開催されたMAUI ALOHA CLASSICでは、21歳以下のユース部門で3位入賞を勝ち取った。

2016年度は世界を照準に、国内外の大会に多数参戦予定。

石井選手の詳細はこちらから>>>>


J723 Takuma Sugi

J723 Takuma Sugi(杉 匠真) - Windsurfer

物心つく頃から毎日地元逗子海岸で過ごし、6歳の時本格的にウインドサーフィンを始める。
小学校1年の時、レース種目のピザーラ・クアアイナカップ2009ビギナークラスに出場、最年少記録で優勝。小学校4年生でピザーラ・クアアイナカップオープンBクラス優勝。5年生の時に湘南スラロームシリーズ総合優勝、6年では逗子市長杯オープンAクラス優勝と数々の戦歴を作り上げた。ジュニアユース選手権では2009年から2014年の小学校6年間連続優勝という記録を樹立している。
小学校3年から波の中で演技を披露するウェイブパフォーマンスをはじめ、小学5年でAll Japan Wave Classicビギナークラスで優勝。
小学6年からフリースタイルも始め中学1年でピザーラ・クアアイナカップ2015フリースタイルクラスで優勝する。さらにプロアマトーナメントであるコールドブリーズ2015に出場、ファンイベントながらもプロのなかで2位に入る。 2015年ハワイマウイ島で行われたMAUI ALOHA CLASSICではアマチュアクラスでベスト16にはいる。

2016は世界で勝てる技を磨き国内外の大会に参加を予定する。

杉選手の詳細はこちらから>>>>